• 雨漏りの原因と対策について

    雨漏りとは屋根や壁などから雨水が漏れる現象で、水道管などの不具合によって起こる水漏れとは根本的に原因や対策が異なります。


    雨漏りの原因として最も多いのは建物の老朽化ですが、施工段階での欠陥や台風などの災害によっても発生します。

    コトバンクに関するサポートサイトはここです。

    いずれにしても雨漏りは家にダメージを与え、シロアリやカビを発生させる可能性もあるため、そのまま放置せず見つけ次第修理する必要があります。
    修理はプロの業者に頼むのがベストですが、自分で応急処置をする場合は大き目のブルーシートを用意し、屋根にかぶせるだけでも雨水の浸入を防ぐことができます。



    もしも雨が漏れている場所を特定できるのであれば、防水テープやコーキング剤などを使って塞ぐのも効果的です。

    ただし屋根に上っての作業は大変危険なので、悪天候のときは避け、足場が安定しているかどうかをよく確認し、安全に十分配慮した上で作業を行わなければなりません。

    雨漏りの修理情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

    また、適切でない応急処置はかえって状況が悪化してしまう場合もあるため、注意が必要です。雨漏りはどのような建物であっても発生する可能性がありますが、メンテナンスを行うことによって被害を防ぐこともできます。

    屋根や外壁に問題はないか、カビ臭い場所や染みができている場所がないかなど、定期的にチェックすることが大切です。

    施工段階での欠陥による雨漏りは新築であっても起こり得るので、建てたばかりだからと安心せず、早期発見できるようきちんと点検することがポイントです。