• 雨漏りの原因を突き止め、早めの対処を

    ある程度の築年数を経た住宅の場合、程度の差こそあれ、雨漏りは避けられない事態の一つと言えます。

    原因はさまざまですが、比較的多いのが、屋根材が劣化してしまい、その隙間から雨水が侵入して起こるものです。

    天井板への水滴程度ならまだしも、室内にまで水が落ちて来てしまったら一大事です。

    MBSニュースの情報を手に入れてみませんか?

    近年多いのが、地震によって屋根瓦がずれたり落ちてしまったり、台風によって屋根材が飛ばされてしまったりという事態です。
    それほどまでの自然災害では、雨漏りどころではない被害が生じてしまうこともありますが、住宅の破損が軽度で済んだとしても、雨漏りによって高額の家具や家電製品が壊れてしまうこともありますので、早急にブルーシートでの応急処置が必要となります。


    大規模災害以外では、やはり経年劣化が大敵です。


    屋根や外壁は、年間を通して太陽光線と雨風を受け続けています。強い紫外線や、雨に含まれる酸の強い成分、春先の砂混じりの強風などに、何年ものあいだ晒され続けることで、雨漏りを引き起こしてしまうような損傷が生じてしまいます。

    雨漏りは、屋根からの雨水侵入のみが原因とは限らないところが厄介で、意外にも外壁やベランダの取り付け部分の隙間などからも雨水が侵入することがあります。侵入箇所から壁の内側の建材を複雑に伝って滴り落ちるため、原因箇所の特定が困難ということもあります。



    屋根材の傷んだ箇所が判明している場合、自力での修理を試みる人もいますが、場所が高所だけに、本格的な修理は専門の業者に依頼したほうが安心安全と言えます。



    費用がかかってしまうからと長年放置し続けると家屋そのものの劣化が早まってしまいますので、思い切って、早めに対処することが肝要です。